情報収集

就活のお祈りメールが辛いと感じた君へ『超』手軽な回復テクニック

お祈りメールが辛いという就活生の悩みに対して答える先生のアイキャッチ画像

 

悩む就活生ちゃん
第一志望群だった企業からお祈りメールがきました。
周りの就活生がどんどん選考に進んでいく中で、私だけがずっと同じ場所にいるようです。
もう本当に辛いです。どなたか助けてください。

 

この記事では、こんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

・お祈りメールの落ち込みから立ち直る方法がわかる

・新たな第一志望群を見つける方法がわかる

・お祈りメールなんてへっちゃらになる

 

お祈りメールをもらうと、心が病みますよね。

 

僕の友人は、第一志望群の企業からお祈りメールをもらったときに、3日間ベッドで寝込んでしまったと言っていました。

 

僕自身も、最初のお祈りメールを受け取ったときは、かなりショックを受けたのを覚えています。

 

しかし、お祈りメールを受け取る度に大きなダメージを受けていたら、心が持たないですよね。

 

というわけで今回は、僕が実際に行っていたお祈りメールのショックから立ち直る方法を3つ紹介します。

 

全て科学的に効果が認められているため、安心して使っていただければと思います。

 

合わせて、失ってしまった第一志望群を新たに発掘する方法も伝授します!

 

「今回のお祈りメールで第一志望群を失ってしまった...」という方は、ぜひ参考にしてください。

 

それでは本題に入ります。

 

 

お祈りメールのショックから立ち直る方法3選

マントを羽織った女性が手をあげているイラスト

 

最初に、お祈りメールのショックから立ち直る方法を紹介していきます。

 

今回紹介する方法は、以下の3つです。

 

ポイント

①:自然の中を散歩する

②:本を読む

③:筆記開示を行う

 

順番に見ていきますね。

 

①自然の中を散歩する

 

1つ目が「自然の中を散歩する」という方法です。

 

「え?そんなのが本当に効果あるの?」と思われたかもしれません。

 

実は大きな効果があるんです。

 

エセックス大学の研究で、男女1,252名を対象に、森の中でウォーキングや自然の中でサイクリングなどの運動がどのようにストレスやメンタルに影響を与えるのかということを調べたメタ分析があります。

 

それによると、自然の中で行うエクササイズを1日たった5分間行うだけで、ストレスレベルがかなり軽減されるということがわかっています。

 

僕はこれを見たときに「え!?こんな簡単にストレス軽減できるなんて超お得じゃん!」と思い、お祈りメールが来たら必ず近くの公園や海岸で散歩するようにしていました。

 

不思議なのですが、自然の中にいると、お祈りメールくらいで落ち込んでいる自分がちっぽけに見えてくるんですよね。

 

「本当かーー??」と疑われた方は、凄く手軽に行えるので、ぜひやってみてください!

 

参考文献:https://pubs.acs.org/doi/10.1021/es903183r

 

②本を読む

 

2つ目が「本を読む」という方法です。

 

同じくサセックス大学の研究では、好きな本を読むだけで68%もストレスレベルを下げられることがわかりました。

 

本好きな人にとっては、超絶朗報ですよね。

 

僕のオススメの方法は、自然の中で5分間散歩したついでに、その場で好きな本を30分読むというやり方です。

 

自然+読書の合わせ技で、最強のストレス対策になりますよ。

 

本好きの方は、ぜひ実践してみてください!

 

参考文献:https://www.takingcharge.csh.umn.edu/reading-stress-relief

 

筆記開示を行う

 

3つ目は「筆記開示」という方法です。

 

筆記開示は、自分の悩みやネガティブな感情をひたすら紙に書きなぐるというだけの作業です。

 

これを8分間行うと、ネガティブな感情を軽減することができます。

 

「今度こそ根拠ないでしょ?」と思われたかもしれませんが、実はあるんです!

 

ミシガン州立大学で行われた、心配性の学生44人を集めた実験では、8分間の筆記開示を行った学生のネガティブな感情のレベルが有意に軽減されたことが確認されました。

 

さらに、筆記開示を行った学生は脳機能が向上して、脳の利用効率が高くなっていることがわかりました。

 

たった8分でネガティブ感情の軽減+脳機能の向上というメリットが得られるって、冷静に考えると凄いですよね。

 

僕もお祈りメールに限らず、嫌なことがあったときは必ず筆記開示を行っています。

 

たった8分でできるので、あなたもぜひ実践してみてください!

 

参考文献:https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/psyp.12990

 

 

新たな第一志望群を見つける方法3選

最も良い場所にアイコンがついている画像

 

「今回のお祈りメールで、第一志望群の企業がなくなっちゃった...」

 

続いて、このようなお悩みを解決します。

 

結論、以下の3つの方法で解決できますよ。

 

ポイント

①:同職種の競合他社を狙う

②:オファー型就活サイトを活用する

③:同じ業界志望している人から情報を聞く

 

順番に解説していきます。

 

方法①:同職種の競合他社を狙う

 

1つ目が「同業種の競合他社を狙う」という方法です。

 

最初は「どうしてもこの会社で働きたい!!」と思っていても、同職種の競合他社を見てみると「意外とこの会社も良いかも」と心変わりすることは珍しくありません。

 

第一志望群が無くなってしまったときは、まず同業種の競合他社をチェックするようにしましょう!

 

競合他社を見つける上でオススメの方法は、Googleで「◯◯競合」「◯◯ライバル」「◯◯業界 ランキング」と検索することです。

 

僕はこの方法で、第一志望群の企業を大量に漁っていました。

 

ぜひ、使ってみてくださいね!

 

方法②:オファー型就活サイトを活用する

 

2つ目が「オファー型就活サイトを活用する」という方法です。

 

お祈りメールを受け取ったばかりだと、自ら企業を探す気になれない方もいるでしょう。

 

そんなときは、企業から自分を見つけてもらいましょう!

 

企業は自社の特性にあった学生にオファーを送ります。

 

そのため、オファー型就活で出会った企業に入社すると、ギャップを感じにくいというメリットがありますよ!

 

オファー型就活を行う場合は、以下の大手3サイトに登録すると良いでしょう。

 

大手オファー型就活サイト

内定に繋がるオファー型就活アプリOfferBox

→173,000人の学生がプロフィールを登録し、企業からオファーを受けている。大手・ベンチャー・官公庁など、8,106社以上の企業が学生にオファーを送信中。

キミスカで内定へ繋がるオファーを獲得!

→オファーが来る数は、3社の中でも圧倒的に多い。大手企業のグループ会社など、優良企業から多数オファーが届きます。

オファーが届く就活サービス【dodaキャンパス】

→教育最大手のベネッセが提供する就活サービス。

356,000人が登録しており、オファーの受信率は98%を誇る。

 

方法③:同じ業界を志望している人から情報を聞く

 

3つ目が「同じ業界を志望している人から情報を聞く」という方法です。

 

僕自身は、ゼミの先輩がインターンをしていた企業に入社を決めたので、この方法は非常にオススメです。

 

悩む就活生くん
いやーー、でもコロナで情報聞ける人がいないんだよ...

 

このような方は、Twitterを活用して情報を集めましょう!

 

僕はTwitterで知り合った就活生と、就活情報を積極的に交換していました。

 

Twitterで就活アカウントを開設して、就活を頑張る学生は非常に意識が高いので、とても有益な情報を得ることができますよ。

 

具体的なTwitterの就活アカウントの活用方法はこちらの記事で解説していますので、ぜひご活用ください。

 

関連記事
アイキャッチ画像
【新常識】就活でTwitterを活用すべき3つの理由と具体的な活用法

続きを見る

 

まとめ

 

今回は、お祈りメールのショックから立ち直る方法について解説させていただきました。

 

合わせて、第一志望群を新たに発掘する方法についても紹介しました。

 

最後にざっくりとポイントだけおさらいしましょう!

 

まとめ

◎お祈りメールの落ち込みから立ち直る方法3選

①自然の中を散歩する

②本を読む

③筆記開示を行う

◎新たな第一志望群を見つけよう!

①同業種の競合他社を狙う

②オファー型就活サイトを活用する

③同じ業界を志望している人から情報を聞く

 

お祈りメールを受け取っても、諦めずに就活を続ければ、必ずあなたの行きたい企業の内定を勝ち取ることができます!

 

落ち込んだときは、今回紹介した方法を実践して、何度も何度も這い上がっていきましょう!

-情報収集

© 2021 マネジョブ! Powered by AFFINGER5