企業分析 情報収集

【徹底解説】中小企業の探し方

悩む就活生くん
大手ばかり受けてしまっているけど、大丈夫かな?

中小企業は全然知らないや...

中小企業ってどこで調べるんだろう?

 

この記事では、こんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

・中小企業を受ける意義

・中小企業の探し方

 

大企業は名前に馴染みがあるので、イメージが湧きやすいですよね。

 

しかし、中小企業について知っている方はあまりいないのではないでしょうか。

 

そこで今回は、中小企業の見つけ方について解説していきます。

 

しっかり理解しましょう!

 

中小企業を受ける意義

 

中小企業は、資本金や従業員数から定義されます。

 

基本的に、従業員が300人以下の企業が中小企業と呼ばれる、と捉えてOKです。

 

それでは、中小企業を受ける意義について解説していきます。

 

結論から言うと、意義は次の2つです。

 

ポイント

・内定を勝ち取るため

・成長環境があるため

 

順番に解説していきますね。

 

内定を勝ち取るため

 

中小企業を受ける一つ目の意義は、内定を勝ち取るためです。

 

皆さんにとって、馴染みのある会社はやはり大企業でしょう。

 

そのため、大企業ばかりエントリーしてはいませんか?

 

しかし、存在する企業のほとんどは中小企業なのです。

 

倍率が100倍以上という大企業は多くあります。

 

内定を勝ち取るための戦略として、倍率が比較的低い中小企業を受けて内定を持っておき、大企業に挑戦することが非常に有効になってきます。

 

中小企業の内定を持っておくことで、自身の安心材料にもなりますよ。

 

成長環境があるため

 

中小企業を受ける二つ目の意義は、成長環境があるためです。

 

中小企業は従業員数が少ないため、一人一人の裁量が大きくなります。

 

そのため、若手のうちから成長出来る環境があると言えるでしょう。

 

また、大企業に比べて意志決定までのスピードが速いという特徴もあります。

 

新規事業を次々と行いたい、自己成長を重要視する、という方にとって中小企業は向いているでしょう。

 

中小企業の探し方

 

ここまでで、中小企業を受ける意義について解説してきました。

 

それでは実際に、どのように中小企業を探すのかを解説していきます。

 

本記事では、以下の5点をおすすめします。

 

ポイント

・逆求人アプリを活用する

・就活アプリの検索条件を工夫する

・就活サービスを利用する

・賞をもらっている企業から探す

・wantedlyを利用する

 

順番に解説していきますね。

 

逆求人アプリを活用する

 

逆求人アプリは、中小企業を知るのにとても有効です。

 

逆求人アプリとは、自身のプロフィールや志望する勤務地・業種などを登録しておくと、企業側からオファーがもらえるというアプリのことです。

 

自身からエントリーをするわけではないため、今まで知らなかった企業と接点を持つことが出来ます。

 

また、逆求人アプリでは大手からもオファーが来ますが、中小企業からのオファーが多いです。

 

自分で中小企業を見つけるのが面倒くさい!という人は特に、逆求人アプリに登録することをおすすめします。

 

以下の記事で、様々な逆求人アプリについて解説しているので、読んでみてください!

 

関連記事
おすすめの逆求人サイトを紹介した記事のアイキャッチ画像
【実証済み】おすすめの逆求人サイト・スカウト型サービス【5選】

続きを見る

 

上記の記事で紹介されているアプリの登録はこちらから↓

OfferBoxの登録はこちら

キミスカの登録はこちら

dodaキャンパスの登録はこちら

 

就活アプリの検索条件を工夫する

 

就活アプリで企業を検索する際に、条件を工夫することで中小企業を調べることが出来ます。

 

ここでは、多くの就活生が使用する「マイナビ」というアプリにおける検索方法を紹介します。

 

“検索”というボタンを押した後に、”企業研究”というボタンを押します。

 

すると、検索条件として業種やエリア、職種が選べるだけでなく、従業員規模も選択出来るようになっています。

 

従業員規模を300人以下に設定することで、多くの中小企業を見つけることが出来ます。

 

志望する業界がある方は、業種と従業員規模を組み合わせて検索することで、自分がより興味を持てそうな中小企業を調べられます。

 

ぜひやってみましょう!

 

就活サービスを利用する

 

就活サービスを積極的に利用することをおすすめします。

 

ここで一つ、おすすめの就活サービスを紹介します。

 

en-courageという無料サービスです。

 

このサービスは、インターンや本選考情報が載っているだけでなく、同大学の先輩がメンターとしてついてくれることが大きな特徴です。

 

メンターとは面談をすることが出来、ESの添削や面接練習まで、お願いすればやってくれます。

 

また志望業界を伝えておくと、自分に合った企業を紹介してくれることもあります。

 

en-courageに記載されている企業は比較的中小企業が多いので、視野を広げるためにもぜひ使ってみましょう。

 

先輩との繋がりも出来、一石二鳥ですよ!

 

賞をもらっている企業から探す

 

何かしらの賞をもらっている企業から探す、というのも手です。

 

たとえば、厚生労働省が出している安全衛生優良企業認定ホワイトマーク、プラチナくるみん認定、くるみん認定、えるぼし認定、ユースエール認定や、経済産業省が出している健康経営優良法人認定が例として挙げられます。

 

知名度が低い企業も受賞しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

wantedlyを利用する

 

最後に、wantedlyというサイト(アプリもあります)も中小企業を探すのに有効です。

 

wantedlyは、長期インターンシップを見つける手段として有名です。

 

しかし、中途採用や新卒採用も掲載されています。

 

また、wantedlyに記載されている企業のほとんどは中小企業ですので、中小企業を中心に就活したいと考えている人にはかなりおすすめです。

 

ぜひ、登録してみましょう!

 

まとめ:中小企業の探し方を理解しよう!

 

今回は、中小企業の探し方について解説させていただきました。

 

最後にざっくりと要点だけおさらいしましょう。

 

ポイント

◎中小企業を受ける意義

・内定を勝ち取るため

・成長環境があるため

◎中小企業の見つけ方

・逆求人アプリを活用する

・就活アプリの検索条件を工夫する

・就活サービスを利用する

・賞をもらっている企業から探す

・wantedlyを利用する

 

上記のポイントを押さえれば、中小企業を多く見つけることができます!

 

自分に合った企業を見つけましょう!

-企業分析, 情報収集

© 2021 マネジョブ! Powered by AFFINGER5