業界分析

【業界研究】就職四季報の正しい読み方とここだけは見ておきたいポイントについて紹介!

 

悩む就活生くん
就職四季報を買ってみたものの、どこを読めばいいのかわからないなぁ

 

この記事では、このような悩みを解決します。

 

本記事の内容

・就職四季報ってどんな本?

・就職四季報でわかること

・就職四季報はどこを見ればいい?

 

今回は、就職四季報の正しい読み方を知りたいあなたに向けて記事を書きます。

 

それでは、本題に入ります。

 

就職四季報ってどんな本?

四季報の画像

 

就職四季報とは、約5,000社以上の企業情報がつまった東洋経済社が発行している書籍です。

 

3年後離職率や残業時間、有給、休日、配属などのより詳細な企業情報が記載されています。

 

その他にも採用スケジュールやESテーマ、通過率、筆記内容、採用実績などの選考対策にも最適であり、業界地図よりも企業ごとにフォーカスした内容となっています。

 

就職四季報を活用することで、社員の方には聞きづらい内容を把握することができるほか、1社1社ホームページで確認するよりも他社と比較しながら一目で情報をチェックすることができます。

 

会社説明会やインターンでは、企業は自身にとって不都合な部分は隠すこともありますが就職四季報には客観的な情報が記載されています。

 

また、大手企業以外にも中壁企業まで網羅的に記載されているため、業界を選んだあとの企業選びには必要不可欠な書籍です!

 

就職四季報にはシリーズがあり、総合版のほかに「就職四季報女子版」や「就職四季報優良・中壁企業版」などがあります。

 

女子版では以下の情報を主に収録されています

 

・一般職の情報登録

・産休や育休、既婚率、職種転換、女性役職者数、女性有子者数などの項目

・女性のみのデータ算出

 

女子版だけではなく、優良・中壁企業版では隠れた優良企業や規模が小さいながらも注目すべき中壁企業を主に紹介しています。

 

作者も就活生の時は大手だけに絞らず、優良企業版と女子版それぞれ比較して活用しました。

 

ライフステージが変化しても長く働きたいと考えていたため、特に女子版は役に立ちましたよ!

 

 

就職四季報でわかること

四季報記事の画像

 

就職四季報でわかることは以下の通りです。

 

修士・大卒採用数

 

男女。文理別採用実績から修士・大卒採用人数の合計が記載されています。

 

3年後離職率

 

新卒入手者を対象に3年後以内に離職した人の割合を記載しています。

 

離職率を見ることで、自分が長く働くことがしやすいのかを知ることができます。

 

有給取得年平均

 

前年度に従業員が取得した有給休暇日数の平均が記載されています。

 

有給休暇は合っても雰囲気的に取りづらい。。。なんてことはよくあります。

 

平均年収

 

平均年収を残業代や賞与を含み記載されています。

 

試験情報

 

「重視科目」と言われる選考プロセスの中で重視される科目やESのテーマと文字数、筆記試験の種類、面接回数、GDのテーマ、論作文のテーマと時間、それぞれの通過率、倍率などが記載されています。

 

エントリー開始時期やスケジュール

 

本エントリーの開始時期や終了時期、選考プロセス、交通費支給の有無などが記載されています。

 

その他にも…

 

その他にも、冒頭や巻末のページには採用人数ベスト100や新卒定着率ベスト100、平均年収ベスト100、有給取得ベスト100などランキング形式で企業を紹介しています。

 

 

就職四季報はどこを見ればいい?

四季報記事の画像

 

以下では、就職四季報で見ておくべき項目について紹介します。

 

今後力を入れる事業

 

就職四季報の企業紹介欄には、「今後力を入れる事業」という項目があります。

 

そこでは企業ごとに将来力を入れていく予定の事業が紹介されています。

 

選考では自分が会社で何をやりたいのか、将来どのような人物になっていきたいのか問われます。

 

そこで今後力を入れていく事業と合致していれば活躍できる環境が用意されていますが、全く別の事でだとミスマッチとなります。

 

内定をもらうことがゴールではないので、自分のためにも今後力を入れていく事業項目は要チェックです!

 

選考フロー

 

就職四季報には、過去のESのテーマや文字数、開始時期、選考フローが記載されています。

 

特に情報解禁となる3月1日前までにはガクチカと自己PRは完璧に仕上げておいて、ES

テーマに集中できるよう早いうちからチェックしておくと余裕が持てます。

 

他にも、グループディスカッションは対策をしないと通過できない場合があります。

 

自分が志望する企業にGDがあるのか、そしてあれば前もって対策が必要なため早いうちから見ておいて損はありません。

 

 

3年後離職率、有給取得率などの働きやすさ

 

せっかく入社した企業でも、残業時間が多かったり有給が取得しづらかったりと働きにくい環境だと辞めていく人も多いことは考えられますよね。

 

そこで3年後の離職率をみておくと、働きやすい環境なのか知ることができます。

 

しかし、すべての企業が就職四季報で公開されているとは限らないためあくまでも目安としてみてください。

 

もし公開されていなかったら、先輩やOB・OG訪問で聞いてみましょう。

 

まとめ

 

今回は、就職四季報の読み方について紹介しました!

 

みなさん、正しく効率的に就職四季報を活用する方法を知ることはできたでしょうか?

 

本サイトでは金融業界に興味がある方向けに、自己分析の仕方や業界研究など様々な記事を発信しています。

 

ぜひ他の記事もご覧ください!

 

 

-業界分析

© 2021 マネジョブ! Powered by AFFINGER5