その他

就活のやる気が出ない!?就活のモチベーションを高める技術とは?

 

悩む就活生くん
頭では「就活やらなくちゃ」と思っているけれど、なかなかエンジンがかからない、、。
しかも、誰かが内定を取ったという話を聞いて、ますます落ち込んじゃう、、。
焦りと不安の悪循環に陥ってて、どうすればいいのかわからない。
どなたか助けてください、、!

 

この記事では、こんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

・就活のやる気が出ないのは当たり前だという話

・【科学的に立証された】就活のモチベーションを高めるマル秘テクニック

・まとめ:自分なりに工夫してみよう

 

今回は、なかなか就活のやる気が起きないあなたに向けて、僕が就活中に使っていたモチベーションアップのテクニックを紹介します!

 

僕はこのテクニックを使うまで、就活のやる気を維持するのにとても苦労しました。

 

自己分析をやる前に、「少しだけ寝よう」と思ってベッドに入ると、もう日が暮れている。
その事実に絶望して、さらにやる気がなくなってしまう。
そんな日々を繰り返していました。

 

「このままじゃヤバイ!」と思い、本やネットで調べた10個以上のモチベーションアップのテクニックを実践しました。

 

今回は、その中から最もモチベーションアップに繋がった1つのテクニックを紹介します。
実際に僕がやっていた就活への落とし込み方まで解説するので、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

それでは本題に入ります。

 

就活のやる気が出ないのは当たり前だという話

自然に太陽の光が差し込んでいる画像

 

 

最初に心に留めておいて欲しいことがあります。
就活のやる気が出ないのは、決してあなただけではないということです。

 

こちらの画像をご覧ください。

 

就活のやる気が出ないことを表すツイートの画像

 

このように、就活のやる気が出ないという悩みを抱える方は数多く存在します。

 

最初に「就活のやる気が出ない」ことは、当たり前であることを受け入れましょう。

 

考えてみれば、当然だと思いませんか?

 

やる気が出ないは当然

・よくわからない会社説明会を受ける毎日。

・常に提出期限に追われるESを書く日々。

・「なぜうちを志望したの?」「将来どうなりたいの?」と、漠然とした質問に答えなければならない面接。

 

「就活は楽しんだもん勝ちだ!」とよく言われます。
しかし、どこを楽しめばいいのか僕には全くわかりません。

 

それに加え、両親や先輩からは「学生時代に戻りたい」「あの頃は楽しかった」と言われます。

 

そんなこと言われたら、「一生学生のまま過ごしていたい!」と思いますよね。

 

以上の話をまとめると

 

まとめ

・就活をやること自体は面白くない

・内定をもらった先に待っているのは、学生時代よりもつまらない人生

 

ということになります。

 

クリアした先に面白みのないゲームを我慢してやっているのだから、やる気など出るはずもないのです。

 

そうは言っても、一般的な大学生は卒業後の生活のために、就活から逃れることはできないでしょう。

 

だからこそ、テクニックでモチベーションを高めて、就活を乗り切りましょう!

 

【科学的に立証された】就活のモチベーションを高めるマル秘テクニック

2人の男の子がこそこそ話をしている画像

 

それでは、僕が実践していた就活のモチベーションを高めるテクニックを紹介します。

 

今回紹介するテクニックは「誘引バンドル」というものです。

 

この「誘引バンドル」について「概要」→「研究」→「就活への応用」の流れで順番に解説していきます。

 

誘引バンドル:概要

 

「誘引バンドル」を一言で説明すると「大好きなもの」と「嫌いだけどやらなきゃいけないこと」を組み合わせる手法です。

 

具体的には「アニメが大好きで、毎日2時間以上見る人が、大嫌いなジムに行ったときだけアニメを見られるようにする」というルールを作るイメージです。

 

かなり単純なテクニックですよね。しかし、実践すると以下のようなメリットが得られます。

 

メリット

・先延ばし癖を直すことができる

・モチベーションを高めることができる

・習慣化できる

 

「こんな単純なことで、本当に効果あるの?」と思われた方もいるでしょう。

 

実は、その効果を裏付けする研究があるのです。

 

誘引バンドル:研究

 

ペンシルベニア大学のキャサリン・ミルクマン教授が行った研究を紹介します。

 

もともとジムに通う習慣がない学生226人を対象にした実験を行いました。

 

実験内容は、対象者を以下の3つのグループに分けて、それぞれのグループにジムへ通ってもらうといったものです。

 

①:ジムに面白いオーディオブックを詰め込んだiPodを置いて、ジムに行ったときだけに聞けるようにしたグループ

 

②:ジムに行ったときだけオーディオブックを聞くように指示をして、iPodを渡したグループ

 

③:商品券をあげて、「もっとジムに行ってください」と指示したグループ

 

その結果は、グループ1の圧勝でした。

 

具体的には以下の通りです。

 

・グループ1はグループ2より、29%も多くジムに行った

・グループ1はグループ3より、51%も多くジムに行った

 

 

つまり「誘引バンドル」を用いたグループは、単純にご褒美を与えたグループよりも1.5倍目標達成率が高かったのです。

 

目標達成率が高いということは、モチベーションを高く維持し続けられたということでもあり、習慣化される可能性が高くなるということです。

 

実際に、僕自身も「誘引バンドル」と「ご褒美テクニック」の2つを試してみました。
結果「誘引バンドル」を用いたときの方が、モチベーションがアップした実感がありました。
継続率も「誘引バンドル」の圧勝でした。

 

以上ことをまとめると、科学的な実験ベースでも、実際の体験ベースでも、信頼性のあるテクニックだということです。

 

さっそく、このテクニックを使ってみましょう!

 

参考:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4381662/

 

誘引バンドル:就活への応用

 

最後に、就活で「誘引バンドル」のテクニックを応用するステップを解説します。

 

結論、以下のステップで実行すれば問題なしです。

 

誘引バンドル3ステップ

  • Step1:「好きなもの」を洗い出そう
  • Step2:ルールを設定しよう
  • Step3:他人との約束をしよう

 

順番にみていきましょう。

 

✔️ Step1:「好きなもの」を洗い出そう

 

最初に、あなたの「好きなもの」をできる限り多く洗い出しましょう。

 

参考までに、僕の例を紹介します。

 

参考

・スイーツ

・ゲーム

・アニメ

・テニス

・おしゃべり

・読書

・YouTube

・漫画

 

✔️ Step2:ルールを設定しよう

 

上記のStep1で洗い出したものの中から、最も自分が「好きなもの」を1つピックアップします。

 

その後、就活を進めたときにだけ、ピックアップした「好きなもの」が手に入るようにルールを設定します。

 

僕の場合は、上記の中でスイーツを食べることが一番好きでした。

 

そして、作業するときは必ずカフェに行くということもあり、以下のルールを設定しました。

 

参考

・自己分析の質問に100問答えたら、カフェでケーキを1つ注文して良い

・注文したケーキは、ESに1枚答えた後にだけ食べることができる

 

ルールを設定することができたら、最後の仕上げに入りましょう。

 

✔️ Step3:他人との約束をしよう

 

Step2で決めたルールを決めたとしても、最終的にはズルをしたくなるのが人間というものです。

 

そこで教授がオススメしているのが、友人に罰をお願いする方法です。

 

僕の場合は「ルール以外の場合にスイーツを食べた場合、友人にPayPayで1000円送金する」という風にしていました。

 

スイーツを食べる前には、「スイーツの写真+自己分析とESを行った証拠写真」を送ることで、ズルしていないかチェックをしてもらいます。

 

このような「他人との約束」を加えることで「誘引バンドル」の効果を最大限発揮できるのです。

 

「いやー、、でも、チェックを頼める友人がいないな、、、」と思われ方もいるでしょう。

 

僕自身、チェックをしてもらった友人は、Twitter上で出会い、一緒に他己分析を行った仲間です。

 

リアルでは一度も会ったことがありません。そのくらいの距離感の方が、ドライにチェックしてくれるのでオススメです。

 

就活におけるTwitterの活用方法は、下記の記事にて紹介していますので、そちらも合わせてご覧ください。

 

アイキャッチ画像
【新常識】就活でTwitterを活用すべき3つの理由と具体的な活用法

続きを見る

 

まとめ:自分なりに工夫してみよう

 

今回は「就活のやる気が出ない」を克服するためのテクニックを紹介させていただきました。

 

就活のやる気が出ないのは当然です。まずはそこを受け入れるところからスタートしましょう。

 

受け入れることができたら、「誘引バンドル」のテクニックを使用して、モチベーションを高めていきましょう。

 

その際に重要なのが「他人との約束」です。Twitterを用いて、ルールをチェックしてくれる方を見つけるのがおすすめです。

 

また「誘引バンドル」を用いても、どうしてもやる気が出ない日はあります。

 

そんなときは、5分で簡単にできる「自己分析ツール」を用いて、自己理解を深めることがおすすめです。

 

以下の記事で、僕が15種類の自己分析ツールを検証して、最も役に立った7つを紹介しているので、ぜひご覧ください。

 

 

今回は以上です!

 

この記事が、少しでもあなたの就活の助けになれば幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

-その他

© 2021 マネジョブ! Powered by AFFINGER5