業界分析

【業界研究】都市銀行の業務内容や向いている人・今後の課題と対策について

 

悩む就活生くん
銀行といえば3大メガバンクを思い浮かぶ人も多いよね。規模が大きすぎてどんな業務を行っているのかイメージできないなぁ

 

この記事では、このような悩みを解決します。

 

本記事の内容

・都市銀行の役割

・業務内容

・向いている人と向いていない人

・今後の課題と対策

 

今回は、銀行のなかでも都市銀行(メガバンク)で働くイメージがしづらいあなたに向けて記事を書きます。

 

名前は聞いたことあるけど、窓口業務のほかに具体的な業務内容や役割、適性があるのか不安という悩みをこの記事で解決しましょう!

 

それでは、本題に入ります。

 

都市銀行の役割

メガバンク記事の画像

 

都市銀行は、東京や大阪などの大都市を拠点に、日本全国の主要都市に支店を持つ大規模な銀行のことをいいます。

 

今まで紹介してきた銀行業界の中でも歴史的に中核的なポジションを担い、旧財閥系銀行や旧大手地方銀行などから発展した背景があります。

 

地方銀行や信用金庫とは基本的な業務内容は一緒ですが、預金量や貸出量は大きく上回り、顧客も大企業や上場企業と取引を行う点が異なります

 

大企業を中心に他企業の回収などを提案し、手数料収益を得る取り組みや、創業間もない企業の中から成長見込みのある企業に融資をして支援する取り組みも行っています。

 

他にも、日本国内にとどまらず海外進出も積極的に行う点も地方銀行とは異なり、海外送金の手数料なども大きな収益源となっています。

 

現在「都市銀行」として記載されているのは三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行の4行です。

 

以下の表で、地方銀行との違いについて説明します。

 

都市銀行 地方銀行
拠点エリア 東京や大阪などの大都市、日本全国および海外 本店を置く都道府県内やその周辺地域
融資先 大手企業や上場企業 地元の中小企業
支店網 大都市圏 各都道府県に密着

 

 

業務内容

 

業務内容は他の金融機関と違いはありません。ここでは銀行の3大業務とコンサルティング業務、そしてメガバンクならではの業務について紹介します!

 

・預金業務

 

個人や法人から資金を預かり管理する業務です。預かった資金を元手に、貸出などで運用した収益を利息として支払います。

 

・融資業務

 

預金などで収集した資金を、資金が必要な人に対し融資をする業務です。

 

融資金には通常利息がつき、受け取った利息は預金者に利子として還元されます。

 

・為替業務

 

振込や送金、口座振替などで金融機関が代金支払いや受け取りを行う業務です。

 

例えば、オンラインショッピングをした際に、商品を購入した時の支払いが為替業務となります。(自分の口座から相手の口座に振り込む行為)

 

・コンサルティング業務

 

国債や地方債、投資信託の窓口販売を行う証券業務や保険業務、デビットカードサービス、インターネットバンキングサービスなどを提供しています。

 

他にも、都市銀行は海外進出も積極的に行うため、海外駐在員としての仕事もあります。

 

海外駐在員の仕事内容は、日系企業が海外進出する際に現地(進出予定先)でアドバイスを行います。顧客は日系企業を担当することが多いですが、英語力が求められます。

 

 

向いている人と向いていない人

少女が遠くを見ている画像

 

都市銀行行員に向いている人と向いていない人の特徴は以下の通りです。

 

向いている人の特徴

 

・グローバルに活躍したい人

上記で役割や業務内容を説明した通り、都市銀行では日本国内にとどまらずM&Aなどの海外進出も積極的に行います。

 

そのため、海外の大手金融機関と競争するようなより大きい戦略に携わりたい人や英語力を活かしてグローバルに活躍したい人は最適な環境と言えます。

 

・経営に興味がある人

法人営業を担当すると、大企業を中心とした様々な業界や業種の顧客を相手に経営課題の解決策を提案します。

 

そのためには、財務諸表などを読み解くスキルや、経営そのものについての知見を深める必要があります。

 

都市銀行では貸出額や規模も大きいため、経験を積めば大企業の案件に携われるかもしれません。

 

向いていない人の特徴

 

・年功序列制度が苦手な人

銀行業界はまだまだ年功序列の制度が根強く残る業界です。

 

若手でも裁量権のある仕事をしたい人や実力によって評価されたい人は向いていません。

 

また、企業の規模が大きくなればなるほど意思決定のスピードは遅く、その分個人の成長スピードが遅くなる傾向があります。

 

急成長したい人や実績を積み上げて早く昇格したい人には向いていないかもしれません。

 

・勉強しつづけることが苦手な人、マメな性格ではない人

銀行入行後は、銀行業務検定試験や簿記検定、TOEICなど様々な資格を受ける必要があります。

 

また、経済の動向や法改正、税の知識も業務上必要なため、こまめに勉強する習慣が求められます。

 

そのため、社会人になっても勉強し続けることが苦手な人は入行後にストレスを感じるかもしれません。

 

 

今後の課題と対策

メガバンク記事の画像

 

都市銀行では現在、以下のような課題を抱えています。

 

①与信費用の増加

 

新型コロナウイルスの影響により企業の資金繰りは苦しくなり、融資先が貸し倒れに備えた引当金などの与信費用が急増しています。

 

今後企業の倒産や与信費用が重なれば、都市銀行の業績悪化が予測されます。

 

②マイナス金利と少子化による資金需要の低下

 

地方銀行の紹介記事と同様、マイナス金利政策の長期化により、銀行は日本銀行にお金を預けると金利がマイナスとなり損をする構造となっています。

 

そのため企業への貸し出しを積極的に行う必要がありますが、競争の激化により貸出金利が低く利益を出しづらいという課題を抱えています。

 

また、人口減少により新規顧客獲得を目的に他金融機関との競争が激化している点も課題の1つです。

 

課題に向けた今後の対策

メガバンク記事の画像

 

課題に対して、都市銀行では以下のような対策を行っています。

 

①店舗減少によるコスト削減

 

コストを削減するため、3メガバンクでは以下の対策を行っています。

 

三井住友銀行:業務を絞った機能特化型店舗の拡大

三菱UFJ銀行・みずほ銀行:100店舗以上の大幅店舗削減の計画と機能特化型店舗の推進

 

②フィンテックによる取り組み

 

フィンテックとは、ファイナンスとテクノロジーを組み合わせた造語で、金融とITを複合させたサービスのことをいいます。

 

IT企業などの異業種も参入が相次いでおり、例えばスマートフォンで決済ができる「モバイル決済」や仮想通過を使ったサービスなど多様な取り組みを進めています。

 

フィンテック以外にも、ベンチャー企業に対する出資や社内起業も促進しています。

 

まとめ

 

今回は、都市銀行について業務内容や今後の課題について紹介しました!

 

みなさん、都市銀行で働くイメージはできたでしょうか?

 

本サイトでは金融業界に興味がある方向けに、自己分析の仕方や業界研究など様々な記事を発信しています。

 

ぜひ他の記事もご覧ください!

 

-業界分析

© 2021 マネジョブ! Powered by AFFINGER5