面接・ES

【グループディスカッションの練習方法8選】1人でもOKです!

グループディスカッションの練習方法を解説した記事のアイキャッチ画像

 

悩む就活生くん
グループディスカッション選考がもうすぐだ...
でも..全然練習できてない!!
そもそもどうやって練習すればいいのかわからない...!
どなたか練習方法を教えてください!

 

この記事では、こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

・グループディスカッション対策①:複数人で実践練習を積む方法5選

・グループディスカッション対策②:1人練習する方法3選

 

グループディスカッション選考に通過するためには、たくさん練習をして場慣れすることが大切です。

 

しかし、最初は練習方法がわからずに迷走してしまう方も多いでしょう。

 

そこで今回は、グループディスカッションの練習方法を全部で8つ解説します。

 

複数人で練習することが理想ですが、一人でも全然練習できるのでご安心を!

 

それでは、本題に入ります。

 

グループディスカッション対策①:複数人で実践経験を積む方法5選

5と表示された画像

 

最初に、複数人で実践経験を積む方法を紹介していきます。

 

結論、以下の5つの方法がオススメです。

 

ポイント

①グループディスカッションが実践できるイベントに参加する

②友達とテーマを決めて練習する

③企業の選考で練習する

④授業やゼミを有効活用する

⑤インターンに参加する

 

順番に見ていきますね。

 

グループディスカッションが実践できるイベントに参加する

 

1つ目は「グループディスカッションが実践できるイベントに参加する」ことです。

 

最初はここからスタートすると良いでしょう。

 

なぜなら、多くのグループディスカッションイベントは、以下のような流れに沿って行われるからです。

 

①グループディスカッションのコツを解説

②グループディスカッションの実践

③個々人に対するフィードバック

 

まず、初心者のために「コツ」を伝授してくれます。

 

さらに、その「コツ」を即実践で試すことができるため、定着率がアップ。

 

その上、最後に個々人に対するフィードバックを行ってもらえるため、自分の弱点を把握することもできます。

 

イベントに参加するだけでPDCAサイクルを回すことができるので、本当に最強の練習方法なのです。

 

悩む就活生ちゃん
そうなんだ!ちなみに、オススメのイベントはありますか?

 

結論「ガクセイブ」という就活支援団体のイベントに参加すると良いでしょう。

 

ガクセイブ」の特徴は以下の通り。

 

・毎週開催

・無料

・何度でも参加可能

・初心者用と経験者用の2つに分かれている

・見学することも可能

・完全オンライン対応

 

僕自身も、就活生時代は何度もお世話になりました。

 

非常にオススメなので、ぜひ参加してみてください!

 

>>ガクセイブのイベントに参加する

 

友達とテーマを決めて練習する

 

2つ目は「友達とテーマを決めて練習する」ことです。

 

イベントは日時の指定があるため、自分が都合の良い時間帯に参加できない可能性があります。

 

そんなときは、同じ大学に通う友人などを誘ってみましょう!

 

以下のように行うと、より練習効果が高まります。

 

①議論するテーマを2〜3個用意して議論する。

②テーマに対して、時間を測って議論を行う

③議論が終わったら、最初に全体で振り返りを行う

④次に、個々人それぞれのフィードバックを行う

⑤余裕があれば、扱ったテーマについての別の意見を調べてみる

 

個々人がグループディスカッションの「コツ」をある程度調べた上で、お互いのフィードバックを行うとなお良いでしょう。

 

悩む就活生くん
うーん...でも誘えるような友達がいないんだよな...

 

そんな方は、Twitterで仲間を探してみると良いでしょう。

 

このように、Twitterではグループディスカッションの練習相手を探している方がたくさんいます!

 

積極的に活用していきましょう!

 

関連記事
アイキャッチ画像
【新常識】就活でTwitterを活用すべき3つの理由と具体的な活用法

続きを見る

 

企業の選考で練習する

 

3つ目は「企業の選考で練習する」ことです。

 

あえて本命ではない企業の選考に挑み、グループディスカッションの訓練をすると良いでしょう。

 

この方法のメリットは以下の通り。

 

①本番に一番近い形で練習できる

②選考に通過したら自信になる

③緊張感のある雰囲気を体験できる

 

僕自身も、本命ではない企業のグループディスカッション選考を10回以上は受けました。

 

練習会の効果検証を行うという意味でも、非常におすすめの方法です。

 

悩む就活生くん
練習用の企業を探すにはどうしたらいいの?

 

結論、逆求人サイトを利用するのがおすすめです。

 

理由は以下の通り。

 

・一度登録すれば、自動的にオファーが来る

・ESや説明会を受けずに、すぐ選考を受けられる企業が多い

・同時に興味がある企業を見つけられる可能性が高い

 

1回の練習のためにESを書いたり、説明会を受けたりするのは、はっきり言って時間の無駄です。

 

その点、逆求人サイトはオファー後すぐに選考を受けられるので、練習の機会を簡単に作ることができますよ。

 

下記の記事でおすすめの逆求人サイトを紹介していますので、ぜひご活用ください。

 

関連記事
おすすめの逆求人サイトを紹介した記事のアイキャッチ画像
【実証済み】おすすめの逆求人サイト・スカウト型サービス【5選】

続きを見る

 

授業やゼミを有効活用する

 

4つ目は「授業やゼミを有効活用する」ことです。

 

講義によっては、ディスカッション形式で進められるものもあるでしょう。

 

もしかして、ずっっっと黙っているなんてことはありませんか?

 

「ギクっっ!」としたあなたは、もったいないですよ。

 

ディスカッション形式の授業は、議論に慣れる上で最高の機会です。

 

積極的に発言するようにしましょう!

 

長期インターンに参加する

 

5つ目は「長期インターンに参加する」ことです。

 

長期インターンに参加すると、毎週のようにディスカッションする機会が生まれます。

 

すると、自然とディスカッションに対する抵抗が消えていきます。

 

僕自身も長期インターンで何度も議論していたため、就活のグループディスカッションにはそこまで抵抗はありませんでした。

 

同時に、長期インターンは「ガクチカ」にもなります。

 

実際に長期インターンを通してビジネスの世界を経験している学生は、企業からも重宝されますよ。

 

まさに一石二鳥というわけです!

 

余裕のある方は長期インターンに参加してみましょう!

 

関連記事
アイキャッチ画像
【簡単】長期インターンの探し方4選【経験者が実証済みです】

続きを見る

 

グループディスカッション対策②:1人練習する方法3選

3

 

続いて、一人でグループディスカッションの対策をする方法を紹介します。

 

結論、以下の3つの方法がおすすめです。

 

ポイント

①ニュースに対する自分の意見を1分で書く

②YouTubeを活用する

③1つの物事を複数の視点から考えてみる

 

順番に見ていきますね。

 

ニュースに対する自分の意見を1分で書く

 

1つ目が「ニュースに対する自分の意見を1分で書く」ことです。

 

こちらは「即答力」を高めるためのトレーニングです。

 

グループディスカッションでは、短い時間の中で意見を出していく必要があります。

 

ゆっくり考えている時間の猶予はほとんどありません。

 

しかし「即答力」に自信がある就活生は少ないでしょう。

 

では、どうすれば「即答力」を鍛えることができるのか?

 

それが「ニュースに対する自分の意見を1分で書く」という方法です。

 

具体的には、以下のように書いていきましょう!

 

ニュースまとめ

 

このように、ニュースになっている1つのテーマを取り上げて、1分で自分の意見を思いつくままにどんどん書いていきましょう!

 

1分という短い時間の中で意見を出していく癖をつけることで「即答力」を高めていきます。

 

こちらの方法は、僕が『0秒思考』という本から応用した練習方法です。

 

詳しくこの手法を理解したい方は、ぜひ『0秒思考』を読んでみてください!

 

YouTubeを活用する

 

2つ目が「YouTubeを活用する」ことです。

 

YouTubeにはグループディスカッションの対策講座や、実際の様子をアップしている動画がたくさんあります。

 

それぞれ、プロの人事の方が事細やかに解説してくれるものも多いです。

 

・実際の雰囲気を掴んでから練習会に参加したい方

・他の就活生がどんな議論を展開しているのかを知りたい方

・他の就活生がプロの人事からどんな指摘を受けているのか知りたい方

 

上記に当てはまる方は、ぜひYouTubeを活用してみましょう!

 

個人的には、こちらの動画がとてもおすすめです。
ノーカットなので、参考になることが多いと思います。

 

 

1つの物事を複数の視点から考えてみる

 

3つ目が「1つの物事を複数の視点から考えてみる」ことです。

 

グループディスカッションでは、1つの視点からしか考えられていないものは評価されません。

 

複数の視点を総合的に判断して、ベストな「解」を出す必要があります。

 

そのため、常日頃から複数の視点から物事を考えるトレーニングをすると良いでしょう。

 

悩む就活生くん
具体的にどうやってトレーニングすればいいの?

 

僕が実際にやっていたトレーニング法を紹介します。

 

ステップ1:ある出来事に対して、関わっている人物(団体)を洗い出す

ステップ2:その出来事によって、それぞれの人物(団体)はどのような影響があったか?

ステップ3:それぞれの人物(団体)は、その影響に対してどんな感情になっているか?

ステップ4:それに対して、各人物(団体)はどんな行動を起こすと考えられるか?

 

1つの出来事に対して、上記のようなことを考えていくと良いでしょう。

 

わからないことがあれば、ネットで検索してもOKです。

 

1日30分程度の時間を取って、真剣に取り組んでみてください!

 

まとめ:グループディスカッションの練習経験を積もう!

 

今回はグループディスカッションの練習方法について解説させていただきました。

 

最後にざっくりとポイントだけおさらいしていきましょう!

 

ポイント

◎グループディスカッション対策①:複数人で実践経験を積む方法5選

①グループディスカッションが実践できるイベントに参加する

②友達とテーマを決めて練習する

③企業の選考で練習する

④授業やゼミを有効活用する

⑤インターンに参加する

◎グループディスカッション対策②:1人練習する方法3選

①ニュースに対する自分の意見を1分で書く

②YouTubeを活用する

③1つの物事を複数の視点から考えてみる

 

グループディスカッションは、実践経験を積めば積むほど上達します!

 

今は苦手意識を感じている方も大丈夫です!

 

今回紹介した方法を実践して、本番までに万全の状態を作っていきましょう!

 

-面接・ES

© 2021 マネジョブ! Powered by AFFINGER5