内定後

【⼊社⼀年⽬の教科書に学ぶ】社会⼈になる前に知っておくべき3つの原則と5つの思考法

アイキャッチ画像

 

悩む就活生くん
社会人になる前に知っておくべきことって何だろう?
できれば、仕事でやらかして怒られたくないし、どうせやるなら成果も出したい!
「できる」社会人がやっている行動習慣を教えて欲しいです!

 

この記事では、こんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

・【社会人になる前に知っておくべき】仕事において大切な3つの原則

・【入社前に知れて良かった!】仕事において大切な思考法5選

・まとめ:できることから実践しよう!

 

今回は、『入社1年目の教科書』という書籍を元に、「社会人になる前に知っておくべきこと」について解説していきます。

 

大学4年生の方は、いよいよ就職が近づいてきて、「仕事で成果出せるかな?」「上司に怒れないかな?」などの不安を抱えているでしょう。

 

僕自身も来年の春に就職が控えているため、とても不安です。

その不安を少しでも解消しようと、『入社1年目の教科書』という書籍を読みました。

そしたら、「あ、入社前に知っといて良かった!」と思うことがたくさん書かれており、就職に対する不安も少しばかり解消されました!

 

今回は、その中でも特に僕が有益だと思った箇所をピックアップして、あなたに共有したいと思います。

 

こんな方におすすめ

  • 就職前に「できる」社会人がやっている習慣を知りたい!
  • 新卒1年目から会社に貢献したい!
  • 仕事で怒られたくない、、、

こんな想いを持っている方は、ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです!

 

それでは本題に入ります。

 

【社会人になる前に知っておくべき】仕事において大切な3つの原則

3を表す画像

 

結論から述べると、仕事において大切な3つの原則は、以下の通りです。

ポイント

・頼まれたことは必ずやり切る

・50点で構わないので、早く出す

・つまらない仕事はない

 

それぞれ、順番に解説していきますね。

 

頼まれたことは必ずやり切る

 

最初に1つ質問です。

あなたが経営者になった立場で考えてみてください。

 

あなたはこれから、会社の命運を左右する大きなプロジェクトを始動します。

失敗したら、会社が倒産して、社員全員を路頭に迷わせてしまうかもしれません。

 

そんな状況の中、あなたはプロジェクトメンバーに、以下の2人のうちどちらを選択しますか?

 

①:能力はまずまずだが、言われたことは必ず最後までやり切ってくれるAさん

②:能力は優秀。しかし、仕事はいつもギリギリで。時には「忘れてました」などと仕事を最後までやり切ってくれる保障がないBさん

 

僕だったら、①のAさんに任せます。

いくら優秀だったとしても、最後までやり切ってくれる保障のないBさんには、正直怖くて任せられません。

 

つまり、Aさんのように仕事を必ず最後までやり切ってくれる人は信頼され、結果的に優秀なBさんよりも仕事が回ってくるということです。

 

そのため、著者はこのように語っています。

 

1年目で慣れないうちは、「頭がいいとか」「優秀だとか」そんなことは考えなくていい。

それよりもまずは、「与えられた仕事を最後までやり切る」ということにフォーカスし、信頼を勝ち取ることが大切である

 

実際、こうしたマインドを持つことはかなり効果的です。

 

僕は今まで、「学生のうちに、社会で通用する高度なスキルを身に付けないとヤバイ、、」という不安を抱えていました。

 

でもそれって、社会に出ない限り身につくものじゃないですよね。

だから「今、自分がやるべきことを最後まで全力でやり切ってみよう」

という風にマインドを切り替えてみました。

 

その結果、不思議と今まで抱えていた不安が消えていきました。

そして、目の前の作業だけに集中できるようになったのです。

 

ぜひあなたも「今自分が取り組んでいることを、最後までやり遂げるんだ!」というマインドに切り替えてみてください!

 

きっと、いま抱えている「焦り」や「不安」が消えていくと思います。

 

50点で構わないので、早く出す

 

僕は学校の習字の授業が大嫌いでした。

 

「え?いきなり何の話だって?」

まあそう慌てずに聞いてくださいよ笑

 

学校の習字の授業は、多くの場合「先生がお手本書く」→「生徒がそれを真似る」→「納得いくものが書けたら、先生に提出する」といった流れだと思います。

 

僕は1枚目で納得いくものが書けたので、先生に提出しようとしました。

そしたら、「もうちょっとたくさん書いてみなよ」と突っぱねられてしまったのです。

 

それを見た他の生徒は、テキトーに2,3枚書いてから、提出していました。

 

この方式で上達すると思いますか?

僕は絶対に上達しないと思います。

 

では、どうすれば上達するのでしょうか?

1つの案として、「1枚書いてすぐフィードバックをもらう」→「フィードバックを元に2,3枚目を書く」という方法はどうでしょう?

 

個人的には、従来通りの方法よりかは、よっぽど上達できると思います。

 

 

結局「この話で何が言いたかったのか?」というと、

仕事において「ギリギリまで1人で粘って、作業を進めるのはやめましょう!ということです。

 

仕事で一番避けるべきことは、時間切れで間に合わないということでしょう。

ギリギリになって、全然違う方向に進んでいたことが発覚したり、大量の手直しが出てきたりしたら、最悪だと思いませんか?

 

 

だから、「50点で構わないので、早めに出す」ことが大切なのです。

 

今後は「こんなクオリティで出したら怒られるかも、、」ということよりも、「もし間違った方向に進んでいて、取り返しがつかなくなったらどうしよう、、」ということに危機感を持ちましょう。

 

つまらない仕事はない

 

僕は以前、居酒屋のキッチンスタッフとして働いていました。

正直最初は超つまんなかったんですよ。

 

「え?料理作るの楽しそうじゃん??」

 

確かに料理は楽しいです。

僕も息抜きで料理すると、いい気分になれるし、自分で作った料理を食べた時の美味しさは半端ないです。

 

でも、居酒屋のキッチンスタッフが作る料理って、料理してる感じがしないんですよ。

例えをあげると、以下の通りです。

 

・冷奴は豆腐に鰹節と生姜のっけて終わり

・だし巻き卵は、あらかじめ店長が作ったものをレンジでチンするだけ

・おでんは皿に装って、辛子をトッピングするだけ

・枝豆は袋から取り出してお皿に盛るだけ

・お刺身も切ってお皿に盛るだけ

 

このように、ただ扱ってるものが食材っていうだけの単純作業なんです。

 最初はつまらなかったので、早く辞めようと思ってました。

 

そんなある時、仕事が早い社員の方にこう言われました。

「ドリンクよりも早く提供できるようにしてみなさい」と。

 

その言葉を聞いた翌日から、僕は「10秒でできるドリンクより、どうやったら早く準備ができるのか」ということを、必死に考えながら仕事をしてみました。

そして、工夫した結果が以下の通りです。

 

・冷蔵庫の中の配置を注文の多い順に整理整頓

・予めお刺身のセットを作っておく

・火を通してる間に、キッチン台を整理整頓

・冷蔵庫の中を見なくても、必要なものが取り出せるように中の配置を暗記

・その配置を一切変えないように、社員さんにお願い

 

このように、色々と試行錯誤した結果、ドリンクと同じくらいの時間で、料理を提供できるようになりました。

それと同時に、仕事が楽しくなっていくのがわかりました!

 

このように、仕事を「楽しくするか」「つまらなくするか」ということは、自分でコントロールできるのです!

 

「仕事がつまらないな」と思ったら、自分なりにゲーム化してみましょう。

 

ゲーム化の仕方がわからない方は、以下の質問に答えてみてください。

 

メモ

・より早く作業を終えるにはどうしたらいいか? 

・より完成度を高めるには、何を追加したらいいか?

・今の作業に、必要がないものは何か?

 

 

これらの質問に答えることで、仕事をゲーム化するヒントが見えてくると思います。

 

 

【入社前に知れて良かった!】仕事において大切な思考法5選

5つを表す画像

 

続いて、仕事において大切な5つの思考法について、解説させていただきます。

 

最初に結論をまとめると、以下の通りです。

 

 

ポイント

・ミスをしたら、再発防止の仕組みを考えよ

・仕事は総力戦

・苦手な人には「惚れ力」を発揮

・「何のために」で世界が変わる

・社会人の勉強は、アウトプットがゴール

 

それぞれ順番に見てきますね。

 

ミスをしたら、再発防止の仕組みを考えよ

 

1つ目は「ミスをしたら、再発防止の仕組みを考えよ」という思考法です。

 

最初に、『入社1年目の教科書』に書かれている文章を引用します。

 

引用

“入社して数ヶ月の間は、上司や先輩から叱責されることが必ずあるでしょう。

あなたがどんなに優秀でも、最初から全ての仕事を完璧にこなすことは、現実的に難しいからです。むしろ避けて通れないのなら、意識が変わるチャンスだと前向きに捉えてください。“

 

 

この文章を読んで、僕はマインドが変わりました。

今までは、「どうやったら叱られずに済むだろう?」と答えの出ない問いに、悩まされてきました。

 

しかし、それはナンセンス。

どんなに考えたところで、ミスをして叱られる時は、必ずくるでしょう。

 

だから、「叱られた時は、自分が変わるチャンスが来た」と考え、2度と同じミスをしないよう、再発防止の仕組みを考えるようにしました。

 

その結果、以前よりも「ミス」や「失敗」をポジティブに考えることができるようになったのです。

 

こんな方におすすめ

・ミスをして、怒られるのが怖い

・挑戦したいけど、失敗するのが怖い

 

このようなマインドの方は、ぜひ「ミスをしたら、再発防止の仕組みを考えよ」という思考を取り入れてみましょう。

 

仕事は総力戦

 

2つ目は、「仕事は総力戦」という思考法です。

 

最初に、『入社1年目の教科書』に書かれている文章を引用します。

 

引用

“ビジネスは総力戦です。企画書の作成に上司の力を借りたからといって、取引先から「ずるいよ」と言われるでしょうか。取引先としては、質の高い企画を早く提示してくれれば、それで満足するのです。あなたの周りにいる人を総動員させて、早く質の高い仕事をしていきましょう。”

 

この文章を見て、僕は今まで大きな勘違いをしていたことに気づきました。

 

今までの僕は、任された仕事は全部一人でやり切ることが大切だと思っていました。

どんなに時間がかかったとしても、上司のお手を煩わせないことが大切であると。

 

しかし一人でやりきったとしても、余分に時間がかかったり、質が低かったりしたら、元も子もありません。

 

それこそ上司のお手を煩わせてしまいます。さらに、取引先の相手にまで迷惑をかけてしまうでしょう。

 

それだったら、多少の迷惑をかけてしまうことは承知で、上司や同僚の力を借りた方が絶対にいいですよね。

 

「仕事は一人でやり切るものだ」と考えていた方は、今日から「仕事は総力戦である」という意識に切り替えましょう!

 

苦手な人には「惚れ力」を発揮しよう

 

3つ目は、「苦手な人には「惚れ力」を発揮しよう」という思考法です。

 

突然ですが、周りに苦手な人や嫌いな人はいますか?

 

多くの方は、1人や2人いるのではないでしょうか?

僕もかつて所属していたサークルに、何人か嫌いな人がいました。

 

しかし、人のことを嫌いになって良かったなと思うことは一度もありません。

むしろ、嫌いになってしまったが故に、損をすることの方が多かったです。

 

精神的にも疲れるし、嫌いな人と一緒に何かする時は、本当に地獄でした。

 

それが一時的なイベントなどであればまだしも、長期間一緒にいる職場だとかなり精神的にきついですよね。

 

だから、どんなに「この人苦手だな」と思っても、嫌いにならない努力をすることは大切だと思います。

 

では、どうしたら嫌いにならなくて済むのでしょうか?

結論から述べると、「惚れ力を発揮すること」であると、『入社1年目の教科書』に書かれています。

 

その方法が書かれている部分を引用します。

 

引用

“誰にでも必ず得意なところがあり、その部分だけを参考にすればいいのです。

嫌いな部分、苦手な部分は、単なる特徴と捉えればいいのです。

その人はどういう強みがあるのか。そう考えながら付き合ってみてください。

人は、自分に好意を持ってくれる人を邪険には扱いません。

しかし、相手から嫌われているという空気は必ず伝わります。どんなに気難しい上司でも、良いところを見つけて尊敬すれば、おそらく嫌われることはないでしょうし、チャンスをもらうこともできると思います。“

 

一言でいうと、「相手の良いところを見つける努力をしよう」ということですね。

 

実際に、ちょっと苦手だなと思う人の良いところを探すようにしてみたら、「今まで気づかなかったけど、この人にはこんな長所があるんだ。」といった、新たな発見があり、以前ほど会うことが苦じゃなくなりました。

 

もちろん、意識的に探さないといけないので、少し疲労が溜まります。

しかし、嫌いなまま一緒にいるときの疲れに比べたら、大したことはありません。

 

ぜひ周りに嫌いな人がいる方は、今のうちに相手の良いところを見つける練習をしておきましょう!

 

「何のために」で世界が変わる

 

4つ目は、『「何のために」で世界が変わる』という思考法です。

 

最初に、『入社1年目の教科書』に書かれている文章を引用します。

 

引用

“上司からのオーダーは、そのプロジェクト全体から切り出した一部分です。

通常であれば細かい注文までは出してきません。

しかし、どんな単純作業にも必ず背景があり、大きな目的に沿って動いているのです。

だとすると、1つ1つの仕事がどこを目指しているのかを知ることで、退屈な単純作業の意味は激変します。モチベーションも上がるのではないでしょうか。“

 

「これ何のためにやっているんだろう?」という疑問を持ったまま、仕事をするのは、正直しんどいと思います。

 

例えば、学校の文化祭において、リーダーから「そこの段ボール切っておいて」と言われるより、「店頭の看板作りたいから、そこの段ボール切ってくれない?」と頼まれた方が、目的がはっきりしているため、モチベーションが上がりますよね。

 

でも、会社の上司は「何のために?」をはっきりと伝えてくれるかどうかはわかりません。

だからこそ、足りない情報はどんどん質問していきましょう!

 

さらに目的が明確になることによって、自分なりの付加価値をつけることもできます。

先ほどの文化祭の例でいうと、看板用に段ボールを切るのであれば、以下のような付加価値をつけることができるでしょう。

 

・看板のデザイン案を書いて、提案してみる

 ・切った段ボールに、ガムテープをつけて補強しておく

  

 

デザイン案を提案すれば、新たに「看板のデザインを作る」という仕事を任せてもらえるかもしれません。

またガムテープをつけて補強しておけば、「お、気が利くな」と思われるでしょう。

さらに、デザイン案が受け入れてもらえなかったり、ガムテープ補強が必要なかったりしても、目的に対して付加価値をつけたことに関して、「やる気がある」とみなされ、「また頼もう」と思ってくれるかもしれません。

 

しかし、看板を切る目的を把握できていなければ、どういう付加価値を付ければ良いのかわからずに、ただ切って終了です。

 

いかがでしょうか?

今回はイメージしやすいように文化祭の例で説明しましたが、このようなことを社会人1年目の時点でできたら、「お!あいつは使えるな!」と上司からの評価は相当高くなると思います。

 

「何のために?」を積極的に聞いて、目的を明確に作業を怠らないようにしましょう!

 

社会人の勉強は、アウトプットがゴール

 

5つ目は、「社会人の勉強は、アウトプットがゴール」という思考法です。

 

読書をする時に、「へえ〜〜そうなんだ〜〜勉強になったな〜〜」で、終わっていませんか?

 

僕も以前はその状態に陥っていました。

でもそれって、意味ないですよね。笑

得られるものは、読み終えたことに対する自己満足だけです。

 

自己満足で終わる勉強なら、遊んでストレスを解消した方がよっぽど良いと思います。

「じゃあ、自己満足で終わらない勉強をするためにはどうしたら良いか?」

という疑問が生まれるでしょう。

 

『入社1年目の教科書』にて、その答えが書かれている部分を引用します。

 

引用

 “ビジネスパーソンの勉強は、必ずアプトプットに結びつけるべきだと僕は思っています。

「自分たちならどう行動すべきか」

「自分たちの事業だったら、どう判断すべきか」

教養として漠然と読むのではなく、常に「So What」に落とし込むように読まなければならないのです。“

 

 

つまり、勉強したことに対して、常に自分ゴトに落とし込むことが大切です。

 

自分ゴトに落とし込むためには、勉強を終えた後、自分に対して質問すると効果的です。

 

例えば、このような質問をすると良いでしょう。

 

メモ

・この知識を自分に生かすとしたらどうする?

・この事例を自分に置き換えたらどうなる?

 

もし、自分ゴトとして考えることができないのであれば、他人ゴトに落とし込むのもおすすめです。

 

メモ

・この知識を最も必要とする人はどんな人か?

・その人に対して、今ならどんなアドバイスをするか?

 

 

こういったことを考えて、知識をアウトプットすることで、単なる自己満足で終わらない勉強ができるようになるでしょう。

 

ちなみに僕も『入社1年目の教科書』で学んだことを、記事にしていくことによって、アウトプットしていることは秘密です。笑

 

 

まとめ:できることから実践しよう

まとめ

 

今回は、『入社1年目の教科書』を元に、「社会人になる前に知っておくべき3つの原則と5つの思考法」というテーマについて、解説させていただきました。

 

ポイントをおさらいすると、「仕事において大切な3つの原則」がこちら

 

ポイント

・頼まれたことは、必ずやり切る

 ・50点で構わないから早く出せ

・つまらない仕事はない

 

  

どれも特別なスキルは必要ありません。

まずは、この3つを確実にできるようにしましょう!

 

そして、「仕事において大切な思考法5選」がこちら。

 

ポイント

・ミスをしたら、再発防止の仕組みを考えよ

・仕事は総力戦

・苦手な人には「惚れ力」を発揮

 ・「何のために」で世界が変わる

 ・社会人の勉強は、アウトプットがゴール

 

これらの思考法は、一気にやろうとするとパンクしてしまうので、できるところから1つずつ実践してみるといいでしょう。

 

本記事が、あなたの就職への不安を解消する一助となれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

-内定後

© 2021 マネジョブ! Powered by AFFINGER5